子宮頸がんと子宮体がんの違いとは?

子宮頸がん?それとも子宮体がん?2つの違い

「子宮がん」には「子宮頸がん」と「子宮体がん」があり、この病名を一度は耳にしたことがあるでしょう。
これは女性特有の病気で、非常に発症率が多いとされています。
しかし「子宮がん」について何となくイメージができても、「これって子宮頸がん?それとも子宮体がん?」と自分の中で漠然とした感じになってしまっている方も少なくはありません。
そもそも子宮頸がんと子宮体がんの違いについて理解をしていない方も多いでしょう。
そこで今回は子宮頸がんと子宮体がんの違いについてご説明していきます。

子宮頸がんと子宮体がんについて

まず、子宮頸がんのというのは基本的に妊娠を繰り返している人になりやすい病気で、子宮本体の首の部分に位置するのが子宮頸部です。
そしてここに発生するがんのことを子宮頸がんと呼んでいます。
子宮頸がんの特徴として挙げられるのは、人間が持つ本来の正常細胞ががん化するのではなく、ウィルスの増殖によって子宮頸がんになってしまうことです。
例えば性交渉を早い時期からはじめてしまう、性交渉の回数が非常に多い、出産回数が多いなどの原因によって子宮頸がんの発生率が上昇すると言われています。
子宮頸がんと比較して子宮体がんの場合は、妊娠を経験していない方がなり易い病気だと言われており、特に50~60歳に多く、妊娠出産の経験の有無だけに限らず、肥満や糖尿病の方も子宮体がんになるリスクを高めてしまうので注意が必要です。

産婦人科で正しい検査を

子宮頸がんと子宮体がんの大きな違いについてはお分かりいただけたと思いますが、女性特有の病気はやはり産婦人科に受診しなければ、正しい診断結果を得ることはできません。
また、症状が当てはまるからといって自己診断に任せてしまうのは非常に危険ですので、もし「子宮頸がんかも?」と思ったら産婦人科に受診して正しい検査を受けましょう。

当社では子宮頸がん用のパンツを販売しております。
検査の際にも女性の目線に立って開発されている商品なので、産婦人科に受診される際にはぜひ商品をチェックしてみてください。

〜マイナビウーマンに女性検査用パンツが取り上げられました〜

■検査台での“恥ずかしさ”に配慮! 婦人科検査用のパンツが発売

■約7割が●●と回答! ぶっちゃけ「男性医師による婦人科検診」、抵抗ある?