子宮内膜症の予防法と放置した時の危険性は?

子宮内膜症とは

子宮内膜症という言葉を聞いたことがあるでしょうか。

これは不妊症の原因になると言われている病気のひとつですが、具体的な症状を理解しておくことで早期発見や産婦人科に行く決め手にもつながるので、女性の方はぜひ子宮内膜症について勉強しておきましょう。

子宮内膜症の原因

子宮内膜症の主な症状として、まず月経時の出血や腹痛などが挙げられます。

しかし月経痛がまったくない方やひどい月経痛に襲われる方など、その症状もバラバラなので月経痛が起こったからと言って一概に子宮内膜症であるとは言い切れません。

また月経痛の特徴としては突然に激痛が走るというよりも、じわじわと痛みがひどくなるというものなので、以前よりも痛みがひどくなってきている場合は一度産婦人科で診てもらうのもいいでしょう。

子宮内膜症と聞くと不妊症になるという先入観を持った人も多いですが、必ずしもすべての人が不妊症となってしまうわけではありません。

ただし現時点では残念ながらかなり高い確率で不妊症となることが明らかとなっています。

しかし子宮内膜症となる根本的な原因は今のところまだ分かっていないので、具体的な症状や予防法もまだまだ未確定な部分が大きい症状であることも事実です。

予防法と放置した時の危険性について

子宮内膜症を引き起こしてしまう原因は食生活や生活習慣が大きく影響しています。

最近では20~30代を中心に子宮内膜症になる女性が増えていますが、これはライフスタイルが昔と比べて激変したことが関係しています。

つまり子宮内膜症を予防するためにはバランスの取れた食生活、十分な睡眠、適度な運動、これらが子宮内膜症の予防法として最も効果的だといわれています。

子宮内膜症を放置しておくと最終的には血液が卵巣内部に満たされ、それが各臓器にまで広がるようになります。

臓器まで広がるほど放置しておくと実生活に支障が出るほど激しい痛みを伴うことになりますので、何か不審な点がある場合はすぐにでも産婦人科を受診するようにしましょう。