CATEGORY 予防できるがん・子宮頸がん健診についてのコラム

子宮頸がんは予防できるがんで、検診も無料クーポンが発行されているにもかかわらず、受診率はわずか30%以下という低さです。
20代の若い女性においては20%で、その理由のトップは「大事なところを見られるのが恥ずかしいから」というのがダントツでした。
その他にも若い女性が産婦人科に行くということにも抵抗があるようです。
子宮頸がんは健診による早期発見・早期治療によって高い治癒率が得られるようになってきています。
欧米では生理が始まった10代のうちから診察するようで、婦人科に行きやすい環境も整っているため抵抗も少ないようで、子宮頸がん健診の受診率は70~80%です。
アメリカと日本は医療技術においては同レベルなのに対し、子宮頸がんの検診の受診率が低いため、アメリカでは子宮頸がんは減っているのに、日本では増えてしまっています。
もっと子宮頸がんの検診の大切さを知り、早期発見・治療を目指しましょう。