予防できるがん・子宮頸がん健診についてのコラム一覧

TOP>子宮頸がんコラム

予防できるがん・子宮頸がん健診について

子宮頸がんは予防できるがんで、検診も無料クーポンが発行されているにもかかわらず、受診率はわずか30%以下という低さです。 20代の若い女性においては20%で、その理由のトップは「大事なところを見られるのが恥ずかしいから」というのがダントツでした。 その他にも若い女性が産婦人科に行くということにも抵抗があるようです。

子宮頸がんは健診による早期発見・早期治療によって高い治癒率が得られるようになってきています。
欧米では生理が始まった10代のうちから診察するようで、婦人科に行きやすい環境も整っているため抵抗も少ないようで、子宮頸がん健診の受診率は70~80%です。

アメリカと日本は医療技術においては同レベルなのに対し、子宮頸がんの検診の受診率が低いため、アメリカでは子宮頸がんは減っているのに、日本では増えてしまっています。
もっと子宮頸がんの検診の大切さを知り、早期発見・治療を目指しましょう。

20代など若者層がガンに…!?子宮頸がん検診のすすめ

“がん”若者層には縁がないものと思われているかもしれません。しかし、がんの種類によっては若者層のほうがかかりやすいがんもあるのです。その一つである子宮頸がんについて紹介します。

結婚式の直前に“ガン”。 子宮頸がんの真実を描く映画『いのちのコール』

子宮頸がんは女性特有のがんの1つで、乳がんに次いで患者数の多い病気です。1日に約10人が子宮頸がんで亡くなっています。特に若い女性に急増している子宮頸がんについて紹介します。

「恥ずかしい」という理由で 気になる症状を放置するのは危険です!

女性の中には恥ずかしい、勇気が出ないと言った理由で婦人科に行けない人が少なくありません。気付かないうちに症状が進行してしまう可能性もあるため、定期的な検診をお勧めします。

患者目線の医療とは? 医師・スタッフとの会話が満足度を上げる

心や体の調子が悪いときこそ、患者は「少しでも安心したい」という気持ちを抱えています。当然腕の良い医師が求められますが、それ以上に患者の気持ちに寄り添う医師が求められています

子宮頸がんの原因ははっきりしている!

子宮頸がんの原因はHPV(ヒトパピローマウイルス)だと特定されています。それでは、HPVとはいったい何者なのでしょうか?正しい知識を付けて予防をすることが求められています。

産婦人科は女性医師がいい? 男性医師でもかまわない?

女性は70%の人が「産婦人科は女性医師がいい」と答えており、その理由は「恥ずかしい」というものがトップでした。年に1回の子宮頸がん検診も抵抗があるようで、受診率も高くありません。

子宮頸がんと子宮体がんの違いとは?

女性特有の病気は下腹部やおりものなどに症状として表れることが多いですが、子宮頸がん?それとも子宮体がん?と自己判断できないものです。そんな時は産婦人科で検査を受けましょう。

子宮内膜症の予防法と放置した時の危険性は?

子宮内膜症になる原因はライフスタイルの乱れによるものですが、生活習慣を改善すれば子宮内膜症予防にもつながり、また食事の栄養バランスもコントロールできるので月経も規則正しくなります。

子宮頸がんになりやすい年齢と初期症状について

子宮頸がんは女性にとってはかなりの脅威ですが、悲しいことに初期症状が分かりにくいという点があります。本来は定期的に検診を受けるべきですが、受ける人が少ないのが現実です。

検査用のパンツがあれば 子宮頸がん検査も恥ずかしくない!

子宮頸がんの検査を行っていない人も多く、その理由の中には恥ずかしいから…という理由もあります。それでは気付いたら手遅れというケースもあるので、検査用のパンツを使用してください。

子宮頸がん検査に便利な検査用パンツの材質・不織布とは?

子宮頸がん検査用のパンツは使い捨てができる不織布が理想的です。不織布は布と違い繊維をそのまま布状に固めたもので、通気性に優れています。布よりもコストがかからない点も魅力です。

商品のご購入はこちらから

1セット10枚入り 3000円(税別)からご購入できます。
まとめ買いしてお友達やお知り合いとシェアしてみてはいかがですか。

検査用パンツのご購入はこちら

子宮頸がんコラム